2015/06/11

ココロの便秘と自分の世界



入梅
今日から暦は梅雨
そして
もうすぐ夏至


カタチあるものは
必ず
朽ち果てるというけれど
それを本当に
感じて生きている人間は
それほど多くない
そんな気がします

だから
躊躇い
迷い
恐れ
やらないという選択をして
先延ばしにし
できないと言い訳をしながら
誰かのことを
羨み
妬み
傷つけるのかもしれません


ことば・言語は
こころの中に溜まるものを
排泄するためにあるのだとしたら

私たちは
ことばにしていないものを
していく必要があります

こころの便秘にならないために



もし
見ている世界
聴いている世界
全てが
誰も存在しない
自分だけの世界だとしたら

私たちは
誰に向けて
話しているのでしょう

怒ったり
泣いたり
人のせいにしたり
愚痴を言ってみたり

今、そこにいる・ある
人・物が
全て幻だったとしたら

写っている全てのことが
自分・自分の内面だとしたら

私たちは
いつも
自分に話しかけていることになります



口から出ていくことばを
意識してみてください
何て言いましたか?あのとき

誰かに対して言ったつもりの
あのときのことば

自分の
まともに出せない
醜い
ひどい
かっこ悪い
恥ずかしい
なんて思っている
思い込んでいる
そんな自分のこと
だったりするかもしれません


過去でも未来でもない
今、ここ
私たちは結局そこしか生きられない

いつ死んでゆくか
本当にわからない

ココロに溜まってしまって
ひどく辛くて
吐き出せなくて
誰かを攻撃してしまったり
誰かのせいにしていたり
羨んだり
妬んだりして

本当はそんな自分
すごく嫌だと感じているのに。

まっすぐに
素直に
自分を慰めるような
温かいことばで
言ってみてください

全て
自分の鏡で
結局
自分の世界だから

Hiroki.M

Natural Style News
プロジェクト参加者さんを
募集しています
詳しくはHP内
-----------